Women's Energy Network(WEN)は、エネルギーを考える女性のネットワークです。

 

「くらしと放射線」プロジェクトについて

このプロジェクトは、2001年11月に発足しました。

放射線利用は、発電とならぶ原子力の平和利用の一環です。 女性たちが、生活のいろいろな場で利用されているこの放射線をどのように認識しているか、放射線に対する抵抗感や関心はどうか、情報の提供をどの程度受けているのかなどにWENメンバーが興味を持ったのがきっかけです。

 プロジェクトでは、発足当初実施した第1回アンケート調査の結果を踏まえ、小冊子作成や全国を対象としたフォーラムの開催、見学会の実施などさまざまな活動をおこなってきました。更に2005年に実施した第2回アンケートの結果をフォーラムの内容に反映させ、小冊子の改訂版も発行しました。

 それらの活動をとおして、WEN会員内でもプロジェクトへの関心が高まり、現在では活動メンバーがさらに増え、 25名となりました。昨年4月に発足した「くらしと廃棄物」のプロジェクトで放射性廃棄物を扱っている事もあり、姉妹プロジェクトとして連携を取りながら今後も活動を展開してまいります。


プロジェクトの活動

2014年
放射線プロジェクト主催 勉強会開催
「食品照射の世界動向」
(講師:ダラット大学教授 元原子力発電研究開発機構 久米 民和 氏)
放射線プロジェクト主催 勉強会開催
(1) 「放射線教育の現状と実例」
(講師:(財)日本科学技術振興財団  掛布 智久 氏 )
(2) 「放射能計算プログラム」を用いた模擬授業
(講師:東京都市大学原子力研究所  准教授 岡田 往子氏)
2013年
放射線プロジェクト主催 勉強会開催
 (1) 「放射線教育の現状と実例」
 (講師:(財)日本科学技術振興財団  掛布 智久 氏 )
 (2) 「放射能計算プログラム」を用いた模擬授業
 (講師:東京都市大学原子力研究所  准教授 岡田 往子氏)
2011年
『くらしと放射線』 別冊Q&A 完成にあたり
~放射線の影響について考えるつどい~ 開催 
(Q&Aの製作経緯はこちらから)
『くらしと放射線』 別冊Q&A 発行
勉強会「放射線を正しく怖がるための情報提供について」実施
勉強会「放射線のひみつ」実施
2010年
フォーラム「くらしと放射線」(水戸)開催
フォーラム「くらしと放射線」(仙台)開催
2008年
フォーラム「くらしと放射線」(福岡)開催
勉強会「放射線利用の経済規模に関する調査」実施
見学会「東京電力(株)柏崎刈羽原子力発電所」実施
フォーラム「くらしと放射線」(川口)開催
2007年
フォーラム「くらしと放射線」(山形)開催
見学会「(株)第一ラジオアイソトープ研究所 千葉工場」実施
2006年
フォーラム「くらしと放射線」(三鷹)開催
フォーラム「くらし・女性・科学~放射線を事例に~」(青森)開催
2005年
フォーラム「くらし・女性・科学~放射線を事例に~」(千葉)開催
「くらしと放射線」に関するアンケート調査(第2回)実施
(第2回アンケートの質問内容はこちらから)
フォーラム「くらし・女性・科学~放射線を事例に~」(熊本)開催
2004年
フォーラム「くらし・女性・科学~放射線を事例に~」(横浜)開催
見学会「粒子線医療センター・Spring 8」実施
2003年
フォーラム「くらしと放射線」(静岡)開催
見学会「中部電力(株)浜岡原子力発電所ほか」実施
見学会「沖縄県ミバエ対策事業所」実施
見学会「農業生物資源研究所放射線育種場」実施
2002年
フォーラム「くらしと放射線」(大阪)開催
見学会「北海道士幌農業協同組合」実施
フォーラム「くらしと放射線」(いわき)開催
小冊子「わたしたちのくらしと放射線」発行
フォーラム「くらしと放射線」(東京)開催
2001年
「くらしと放射線」に関するアンケート調査実施
 (第1回アンケートの質問内容はこちらから)
プロジェクト発足(活動メンバー:10名)