Women's Energy Network(WEN)は、エネルギーを考える女性のネットワークです。

くらしと廃棄物:見学会

 

2007年09月11日 山形





開催日 2007年09月11日
会場 山形市「山形テルサ」(山形県山形市)
参加人数 約80名
パネリスト 岩川眞由美 ((独)放射線医学総合研究所)
田中 裕子 (フリーアナウンサー)
碧海ゆき(消費生活アドバイザー:WEN会員)
コーディネーター 浅田浄江
(消費生活アドバイザー:WEN代表)

 今回の開催は、山形市在住のフリーアナウンサー田中裕子さんから山形で「くらしと放射線」フォーラムを開催したいとのお話をいただき、実現の運びとなりました。当日は、多くの方が集い、関心の高さをうかがわせました。

 フォーラム前半は、小冊子を使いながら、「放射線」と「放射能」の違いに触れた後、碧海さんから「食と放射線」の関係について一通りのお話がありました。

 休憩を挟んで、後半は「医療と放射線」の関係について取り上げました。
 田中さんが「ガンの検査・診断のとき、繰り返しレントゲンを受けて、身体に悪影響がないかどうか、不安になった」体験を語ると、岩川さんから「医療現場では放射線による診断は必要に応じて行っている。
目に見えない体内の状況を映し出すことができる放射線診断は、説明のできない患者を診る小児外科医にとっても必需品」と実例を交えながらお話いただきました。

 最後にコーディネーターの浅田代表より、短時間で理解できる話題ではないが、今後も放射線について関心を持ち続けてもらえるようWENも活動を続けていきたいとまとめました。